ズボンズのリーダー,ドン・マツオの思考あれこれ。
☆最新の記事☆
DirtyなPresent。
at 2015-11-17 18:26
致命傷を負った生き物、その回復。
at 2015-06-21 00:26
それは未来の話である。Zoo..
at 2015-05-08 08:18
これまでは楽な方向に傾いてい..
at 2015-05-06 19:06
もっとチャレンジが必要となっ..
at 2015-05-05 08:54
☆以前の記事☆
2015年 11月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
more...
☆その他のジャンル☆
☆検索☆
☆ファン☆
☆記事ランキング☆
☆ブログジャンル☆
☆画像一覧☆
Top

エンジニアのクリエイティブ。
 エンジニア三木くんと吉祥寺にて打ち合わせ。ズボンズ新作のmixの仮の段階のものを渡してもらう。そうして、以下がそれを聴いたボクからの返事。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
これら今回のミックスの欠点は、
「それが全体として"音楽的"に聴こえるか」
ということより、
「すべての音がハッキリ明瞭に聴こえるか」
というポイントを優先してやってしまっているところだろうな。
結果、すべての楽器は明瞭に聴こえるかもしれないが、意思のない音楽になってしまう。
いいかい?例えば、ビートルズの音楽には、完全に埋もれてしまっているパーツもあるけれど、それは排除されることもなく、ひっそりと存在し続けている訳だ。それはただの「音の残響の一部」とか「下敷き」とか誰にも注目されない小さなカーペットみたいなものになってしまうのだけれど、実は曲を滋養豊かにしてくれている。(そうして、運が良ければ、熱心なリスナーに見つけてもらえることになる。30年後に。ハハハ。)

分かるかね?優先順位を間違ってはいけない。

どのような音楽が「今」出来つつあるか、その音楽がしっかりとした存在と質量を持つにはどのような処置が、配置が、必要なのかを、ミックスすることによって「創り出さ」なければならない。そのミックス自体が、一つの自分の理想の音楽でなければならない。エンジニアは、そうあるべきだ。
そこまで出来るだろうか?

いや、やるんだよ。

という今回の評価でした。辛口御免。
明日は11時頃来てくだされ。
オレはこれから作業の続きやるよー。

DON
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 エルヴィスの遥か昔からラジオミックスというのは存在していて、それは家庭の再生装置ではなく当時のAMラジオのスピーカーで鳴ったときにどう効果的に聴こえるか意識したものだ。(ラジオからバンバンとヒットが出てた時代の話である)今やそれはiTunesやらPCやら携帯やら、ということになるだろう。そういうものがあってもボクは別に構わないけれど、自分で曲を作って、演奏して、制作までしているものを、それが一番の理想に近いもの、もしくは「あるべき」姿を与えないで商売になるからという理由でベースを削ったりは出来ないもんだ。「これが、これこそが、こういうものが本当にかっこいい音楽というものなのですよ!!」とビックリマークをくっつけてリスナーに紹介出来るものを創っているのである。本心からリスナーのことを第一に考えているのだ、と考えてもいる。「リスナーの耳のレベル」やら「普段聴く環境を考えて」と唱っていると、いかにもリスナーフレンドリーのような風に見えるが、そういうものはその先にくる経済性(つまり売れる・売れない)のことにプライオリティーをおいているのではないかと、ボクは思う。もう今はエルヴィスの時代ではない。2012年になって、誰もが真剣に自分そのものの在り方を問われ続けている。だからボクもちょっとの妥協も譲歩も出来ないものであるよ。ビートルズは、最高だなと思うな。
(途中からは、三木くんと打ち合わせ中にした話でした。)
[PR]
by dn_nd | 2012-03-10 19:21 | music
<< ゼロからイチへの跳躍。 人間は小さいが、作品は大きい。 >>
hidden hit counter