ズボンズのリーダー,ドン・マツオの思考あれこれ。
☆最新の記事☆
DirtyなPresent。
at 2015-11-17 18:26
致命傷を負った生き物、その回復。
at 2015-06-21 00:26
それは未来の話である。Zoo..
at 2015-05-08 08:18
これまでは楽な方向に傾いてい..
at 2015-05-06 19:06
もっとチャレンジが必要となっ..
at 2015-05-05 08:54
☆以前の記事☆
2015年 11月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
more...
☆その他のジャンル☆
☆検索☆
☆ファン☆
☆記事ランキング☆
☆ブログジャンル☆
☆画像一覧☆
Top

OZ Tour2012 #1「冬のメルボルンにて。」
 6年ぶりのオーストラリアである。真夏の東京から、一転して真冬のメルボルンへ。毎年毎年思うし、経験もしていることなのに、どうしても人間は、その季節になってみないと実感を持てないようである。みなさん、まさか冬が寒いなんて今は思わないでしょう。ところがこれが「しっかりと」寒い。むむむ。

 昨日はオフだったので、街を散策したりカフェにいったりしました。(夜はメキシカン・パーティー)日本がデフレだからか、記憶していたよりも物価が高いような気がする。10年前はここに住んでいて、「物価も安いし、食べ物もおいしいし、とても暮らし良いなぁ」と思っていたのだけれど、やはり10年という歳月の中でそのままという訳にもいかない。(コーヒーは、変わらずとてもおいしかった。でも一方では、おいしいから何なんだ、とも思う。おいしい、というのは、その記憶をしっかりと持っていればそれで良いものであって、いつもいつもそれが現実的に必要ではないかも知れない・・・・と考えるのは年のせいなのでしょうかね。)

 今回ズボンズを呼んでくれたMesa CosaというバンドのPabloは、母親のオーストラリア人との結婚の為にメキシコから移民してきた生粋のオージーではない。彼が言うには、メキシコにいても、階層的差別は強いし、政治は(彼が言うには)世界一ひどいし、お金も稼げないしで、とてもロックバンドなんかやってられないのでオーストラリアに来て良かったということだ。(それでも60年ほど前までのメキシコは、文化も社会も素朴でカラフルで、とても良かったのだ、とのこと。日本もある意味では同じでもある。その失われたものを、駄目になった今また回復させる為に何か考えなければならないところなのであろう。)

 さて、今晩はライブが2本。ラム酒のスポンサーがついているので、ラム酒フリーなのだ、ということ。まいったな。どうなることでしょう・・・・?
[PR]
by dn_nd | 2012-08-17 08:15
<< OZ Tour2012 #2 ... 不満足でなければ。 >>
hidden hit counter