ズボンズのリーダー,ドン・マツオの思考あれこれ。
☆最新の記事☆
DirtyなPresent。
at 2015-11-17 18:26
致命傷を負った生き物、その回復。
at 2015-06-21 00:26
それは未来の話である。Zoo..
at 2015-05-08 08:18
これまでは楽な方向に傾いてい..
at 2015-05-06 19:06
もっとチャレンジが必要となっ..
at 2015-05-05 08:54
☆以前の記事☆
2015年 11月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
more...
☆その他のジャンル☆
☆検索☆
☆ファン☆
☆記事ランキング☆
☆ブログジャンル☆
☆画像一覧☆
Top

Autumn tour'14 vol.13 live@福岡薬院ユーテロ
福岡にて九州最終日。
前日までの疲れが出たのか、夜12時前に寝たのに起きたら午前9時だった。ボクのツアー中の睡眠はひどく少なくて、大抵は毎日4から5時間しか眠れない。時には3時間で目が覚めてしまうこともあって、そんな朝は朦朧としながら本を読んだり(今はヘミングウェイの短編集)、解けない数独をやったりしている。朝は食べない。なので9時間も寝れると気分爽快かというと案外そうでもなく、休みに慣れた会社員が更に休日を要求するように、身体はあちこちの不調を露わにする。首が腰が肩が膝が組合を組んでストを起こす。こんなんじゃやってらんないすよ社長。本日の不安要素その1である。

会場に到着してケースから取り出して初めてギターが弾けない状態にあることに気づいた。2弦を巻きつける部品が役に立たなくなってしまっている。うむ、確かにここのところ結構ハードに使ってきたものなぁ、と思うが2弦が無ければさすがのボクも演奏に支障がある(ショウの最中ならば、多分やり切ってしまうだろうが)。不安要素その2。
サウンドチェックにて。今日は初めて顔合わせするメンバーである。音を出し始めた瞬間、爆音になりすぎている。全体の音像調和に気がつかないで「自分の音」を大きく出そうとすると、こうなる。(不安要素その3) 更に、ボクの方を見ないでプレイしている。ボクは何時も書いているように、その時に現れる音楽に反応して演奏し、その中で皆の役割を与えるので、プレイヤーがこっちに注意を払っていとそれを伝えることが出来ない。(不安要素その4) まいったな、と思いながらも、メンバーに上手くそのことを伝え、理解してもらいつつプレイヤーの良い部分は残しておかなければならない。ボクという立場は、あまり注意が強過ぎるとメンバーの萎縮に繋がって、今度は相手がすべてこちらの顔を伺いながらのプレイなってしまって、それは一番困ったライブになってしまうことになる。やはりプレイヤーには音楽という大きなスペースの中で伸び伸びと自分の演奏してもらうことが一番良い。

ところが不安要素が多かったせいか(せいだ)、どこかイライラしていたボクはコードを覚えていなかったベースの子(サラサラ)をつい怒鳴ってしまった。怒る、という行為はエネルギーが強すぎるので、その使い方は特に気をつけなければならないものである、と最近は考えている(遅いのか)。なにもいつも楽しく仲良くやれと言う訳ではないけれど、その怒りの遠因が何処にあるのかによって、相手に与える影響も違ってくるように思う。今日のように不安要素をいくつか抱えていたり、睡眠不足や体調がどこか優れない状態の場合、実際の事件はトリガーに過ぎず、実はただ自分の不安感や苛立ちの感情噴出のはけ口を求めていたに過ぎない。しかし必要以上のエネルギーで怒られた人間は傷と不信感を持ってしまい、それを回復するのはなかなか大変なことなのである。自分という人間の扱いの難しさよ。サラサラ、悪かった。

と、まぁ色々あったのだが、その一つ一つを解消し(身体は動かすことで、ギターは新しいのを買って、メンバーには具体的に指示と意図を身振り付きで話し、サラサラにはドーナッツを勧めたりして)、本番は神様に託して、何があってもここで踏ん張ってやるしかないのだ、という気持ちで演奏する。良かった部分もあるし、どうも上手く乗れなかった部分もあるが、これがボクのやっていることである、結局は。みんな、どうもありがとう。こういうディープなコミュニケーションは間違いなく次に成果を結ぶことになる。またやろう。



[PR]
by dn_nd | 2014-11-20 10:52 | Tour日記
<< Autumn tour'... Autumn tour'... >>
hidden hit counter