ズボンズのリーダー,ドン・マツオの思考あれこれ。
☆最新の記事☆
DirtyなPresent。
at 2015-11-17 18:26
致命傷を負った生き物、その回復。
at 2015-06-21 00:26
それは未来の話である。Zoo..
at 2015-05-08 08:18
これまでは楽な方向に傾いてい..
at 2015-05-06 19:06
もっとチャレンジが必要となっ..
at 2015-05-05 08:54
☆以前の記事☆
2015年 11月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
more...
☆その他のジャンル☆
☆検索☆
☆ファン☆
☆記事ランキング☆
☆ブログジャンル☆
☆画像一覧☆
Top

このリズムセクションが一番良かった(とのこと)。 Zoobombs Re-Boot Canada Tour#5
ライブでなくともパーティーで盛り上がりのズボンズ、ケベック州での日程を終えてオンタリオ州へと戻る。(フランス語から英語へと) ここからツアーは後半部へ入ることになる。

さすがフランス語圏!という美味しいクロワッサンを購入して出発。Samからヨーロッパツアーの提案があって、それは実現するよう考えなければと思う。さらばSam、今度また日本にもいらっしゃい。

移動は6時間。本日の会場、KingstonのThe Mansionはもう馴染みの場所で、ここではTerry Youngという若者がすべてオーガナイズしてくれている。テリーは信じられないくらいのズボンズ・フリークで、今回のツアーに当たっても自分の持っていないズボンズコレクションのこれとこれとこれを持って来てくれないだろうか?との事前リクエストメールがあったほどである(例えば初期二枚のアルバムのRicetoneレーベル盤、Mo'FunkyとBomb The Bombのシングル、Dirty Bombのプロモーションカセットetc,etc......実に細かい)。いつも通りThe Mansionにて美味しい地ビールと食事をいただく。シンプルな(ハンバーガーやピザやフライドポテト)食事である。しかしいつもいつも書くことだが、このようなものを食べていると、どうも我々日本人の食べ物はほとんど調味料で出来ているのではないかと思わされるほど、その食材の美味しさがあって、とても良い。(しかしそれが後の反省を招くことになるのだが.......)

月曜の夜であったが、さすがテリーのプロモーションが功を奏したのか、大勢のお客さんが集まってくれてライブは大いに盛り上がった。しかし自己採点は辛く、50点くらいかと思う。いくつかの失敗点(出番前に1弦が切れていたのに張り替えなかった/ 3弦のペグを失くす(後にマッタちゃんが発見)/ クロワッサン2個は食べ過ぎ→加えてピザ&ビールで満腹→満腹は集中力を50%減らす.....)。ツアーが1日空いただけでこれでは、リーダーとして失格である。失敗を栄養として、更に頑張らなければと思う。むむ。(良かった点: テリーが言うところでは、自分はもう何度もズボンズを観ているが、このリズムセクションが今迄で一番良いとのこと。ふむふむ。確かに、バンドは思っていたよりもずっと「普段の」感じになっている。もっと演奏を続けることで更に新しいイニシャルが加わってくるだろう。)

終演後はテリーの家にて謎のアフターパーティー。(何故かダウンタウンのコントのヴィデオを見始めていた) ボクは早々に就寝。(そして、嫌な夢をみることになる)

[PR]
by dn_nd | 2015-04-29 15:28 | Tour日記
<< タフになってもらわなければなら... Samに1ポイント。Zoobo... >>
hidden hit counter