ズボンズのリーダー,ドン・マツオの思考あれこれ。
☆最新の記事☆
DirtyなPresent。
at 2015-11-17 18:26
致命傷を負った生き物、その回復。
at 2015-06-21 00:26
それは未来の話である。Zoo..
at 2015-05-08 08:18
これまでは楽な方向に傾いてい..
at 2015-05-06 19:06
もっとチャレンジが必要となっ..
at 2015-05-05 08:54
☆以前の記事☆
2015年 11月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
more...
☆その他のジャンル☆
☆検索☆
☆ファン☆
☆記事ランキング☆
☆ブログジャンル☆
☆画像一覧☆
Top

<   2008年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ドーナッツとロックの狭間で。
 今日は寒いケド、ウチの中は石油ストーブでポカポカです。晩ご飯にソーセージとキャベツのポトフを食べながら、焼き芋を作りました。明日食べよう。それが普通かどうかは分からないけど、ボクは焼き芋とチーズを一緒に食べるのが好きで、冬になると、きまってそれが朝食です。チーズも値段が上がったキリ、下がらないですね。

 と、ドンメール並みの事を書いている間に29日のBomb Up Basementの予約メールがチョクチョク入ってきます。みんな、ワンマンなら見にくるかね。ワンマンなんつってもいつもとやる事変わらないんだけどなー。ナンツッテ。実はリハに入りまくっているのですが。
 そうそう、先日The Whoの来日公演に行って、まるで往年の頃と変わらぬアティテュードに感心してきたのですが、その後まだオリジナル・ベース・プレイヤーがいた頃のライブ(例の批難轟々の2001Concert For NYC)を見たら、年取っていてもやはり圧倒的にオリジナル・メンバー(キース・ムーン除く)での演奏は素晴らしかったです。演奏が博物館入りせず、まだ生きている感じでした。ストーンズもそうなのだけど、もしかするとベース・プレイヤーが変わるというのは、バンドの生き死にかかわる問題なのかもしれない。ムーちゃんにも長生きして欲しいです。

 まぁ、ムーちゃんのことはともかく(ハハハ)、明後日の準備で、ドーナッツやクッキーやチーズケーキを試食したり、打ち合わせでお昼をスタバのチョコ・スコーンで済ませたりしていたので、甘い物指数が上がりすぎているように、さすがのボクも感じる。何故にズボンズはロックと甘い物の両立を計るのか………計ってないか。エルヴィスもコルトレーンもマイルスも甘い物は大好きだったそうです。ルー・リードは、そうでもないかもしれない。案外そうかもしれない。いずれにしてもズボンズみたいにリアルでタフなロックンロール・バンドがドーナッツも出すなんて、控え目に言っても、すごく珍しいでしょうね。

 土曜日は早くから来て楽しんで下さい。当日の進行マネージャー・ヨシタカが"Zoo Cafe"のセッティングして、良いムード作りして待ってます。マスターはムーちゃんです、と書くと、何かコントでもやりそうな感じもするのですが、ムーちゃんは人前にいるだけでイッパイイッパイなので、お客さんの方が彼をリラックスさせてあげて下さいね。話しかけても、大した答えは返ってこないかもしれませんが。

 とにかく!チケットの予約はコチラです。待ってるよー。

 donuts@thezoobombs.com
[PR]
by dn_nd | 2008-11-27 23:24

バタバタしてます。
 すっかり寒くなってきましたなー。

 来年のプランに関して、今、色々と激動しております。忙しくなりそうな気配ですぞ。ズボンズのレコーディングは一時中断でアリマス。

 ドンメルマガにも書いたのですが、今週末のBomb Up Basementも盛り上がってきております。こんなに色々準備したの初めてだなー。みなさん、タップリ楽しんでって下さいね。みんなの楽しみの為に、ズボンズはあるのです。

 今日はリハーサル。課題曲は……ものすごく沢山あります。(ピット・インタビュー参照http://www.thezoobombs.com/interview/pit.html)がんばらねば。ではまたー。(ちょっとネムイ)

 
[PR]
by dn_nd | 2008-11-25 09:45

プライドの問題。
 先週も書きましたが、今週もレコーディングは中断中です。半分忘れかけてるくらいです。というのも、今週は京都・大阪のミニツアーがあるし、来週は下北沢でワンマンという事で、その準備をメンバー全員セッセセッセと、ヤマネのようにコマゴマとやっておるからです。今年は本当にバタバタした年だったけれど、その集大成というか、何かまとまったものを見せたいと努力しております。みんな来てくれると嬉しいなぁ!当日はムーストップくんがカフェのマスターをやります。マッタちゃんはドーナッツやらクッキーやらケーキやら作るので忙しそうです。ボクは?ボクは何というか、哲学担当なので……。ハハ。

 近所のガソリンスタンドが118円/1リットルになってるそうです。だとしても、とても信用おけたもんじゃないよなぁ、と思ってしまいますよね。一体この半年間にどれだけ上下したか。売ってるのは同じ油に過ぎないんだけど。それだけでなく、最近の社会の流れを見てると、パブリックなもので信用できるものなんて、ひとつも無いと思ってた方が良いような気がします。それはとても残念ではありますが。
 結局、信用できるものは「信用できる人」しかないのでしょう。例えば、町のおいしいパン屋さんとか、コーヒー豆焙煎屋さんとか、近所で野菜売っているおばちゃんとか、そういう「人」は、います。それが大手であれ、個人がやっている事であれ、信用できる人がやっているものならば大丈夫なんだ。結局その人が自分のプライドにかけて仕事をしていれば、そこには信用ができるものです。色々な仕事がありますが、どんなものでも常にその仕事を自分のプライドをかけて一生懸命やって欲しいと希望します。ボクもそういう「一人」になりたいと思います。

 そうそう、ドンメルマガにも書きましたが、ズボンズのMyspaceで現在レコーディング中のBomb Up Yourselfが聴けるようにしてあります。
http://www.myspace.com/zoobombs
実際コレは全体の4分の1くらいのパートで、しかもまだ途中なのだけど、ニュー・アルバムの片鱗が見えるのではないかな、と思います。(ただし、手を加えてないので、音がかなり小さいので、でっかい音で聴いて下さいね)まだまだこれからです。

 ライブにも足を運んで下さい。ようやくチビのピットもズボンズの深い森に入ってきました。これを抜けるのは、なかなか大変だろうね。すんなり進めません。なにしろ、ディープです。フフフ。

 宣伝のつもりで、これから頻繁に書いていきますゾー。よかったらコメントして下さいね。
じゃまた!
[PR]
by dn_nd | 2008-11-18 09:13

Lou Reed、2008年の"Berlin"。
 レコーディングは中断しております。そろそろまとめに入りたいので、ゾロゾロ揃った曲群をもう一度客観的に眺めてみる時期といったところ。見れば見る程アラが見えてきちゃうんだけど。いやはや。

 今日は新入りドラマーボーイのリトル・ピットと、来る11月29日のワンマンの選曲打ち合わせ。なにしろ2時間に及ぶセットの予定であるので、いつもより念入りに準備をしておく必要があるのです。最近ようやくバンドに慣れてきたピットにたっぷり宿題を渡してくる。がんばれ。
 しかしLet It Bombをリリースしたのがもう10年も前とはビックリしちゃうよな。

 その後Lou Reedのライブ映画"Berlin"のレイトショーを観に行ってきました。実に素晴らしいものでした。グラグラ揺さぶられてしまった。音楽の素晴らしさは、それに直面する事で演奏されているエモーションを自分自身のものとして感じ、自らに問いかける経験ができるところにある。そうすることで自分の至らなさ、未熟さを実感させられるけれど、それは決して落ち込ませるようなベクトルではなく、間違いなく上昇させてくれるような明るく輝くエネルギーだ。それが実感できてとても嬉しい。本当に質の高い音楽は歌詞が100%理解できなくとも、すぐにそこで歌われていることが自分自身のことなのだと感じる事ができる。他にこのような力を持つメディアは無い。

 それにしても年齢を重ねることの美しさよ。ボクはずっと前から早く年を取りたいと、どこか思っていた。たた、数だけは(確実に)増えていくのだけれど、なかなか精神が成長していかないのが問題なのである。なんだか、それだけ一生懸命生きれてないようで、口惜しい。しかし、いつかはボクもLou ReedやKeith RichardsやCaetano Velosoのようになりたいな、と思う。彼らは60を過ぎて、俄然音楽が素晴らしくなった!とうとうRockの世界にも本当の偉人が誕生したように思える。これら偉人と時代を共有できることは、この時代に生きる最大の恩恵の一つだと思う。(あぁ!そのことをわかってもらいたいよ……)そこから学んだ生き方をボクらは実践応用していかなければならない。ありがたい事です。(映画は観に行った方が良いです。Stonesの方は来月公開ですぞ。)

 世の中をクソまみれにしないようにしなければいけません。みなさん!ほんの少しでも良いから、大切に大切に自分の仕事をやりましょう。
[PR]
by dn_nd | 2008-11-11 00:53

バンドの本性とは。
 先週末は大阪方面で二日間ライブをやってきました。考えてみると、ここのとこ二日続けて地方で演奏する機会がなかったものですが、やはりツアー的に東京を離れて続けてライブをやる事で、バンドは(それがたった二日間だったとは言え)変化を見せ始めました。というよりも、本性を現したという感じかな。
 実はボクの方は連日レコーディングを続けていたし、ツアーもまったくやっていなかったので、体と心の準備ができていなかったようです。バンドの本性というものは、ボクに持っている力の100%以上を求めて、それを貪り喰わないことには満足しない獣のようなものなのだ。いつもであればそれなりに準備をしたり、ツアーが続いていれば対応もできるのだけど、今回は抜かってました。なにしろ絞りに絞りとられて、クタクタにさせられてしまった。ヤツに振り回されて、コントロールできなかったようです。フー。(中島敦の小説に人間が虎になってコントロールが効かなくなる話があったと思うけど、あれと似たような感じなのかな。)

 そんなこんなで、おそらくまたレコーディングにもこの経験からのフィードバックがあると思われるので、若干の軌道修正をしなければならなくなりそうです。もちろん、作業はまた………。一応目標は年内を目指しているのだけど、ね。ともかくも頑張って、ストーンズのLet It Bleedクラスのアルバムが作れたら、と考えております。

 ところで、今日ボクはラーメンを久しぶりに食べたのですが、あまりの油濃さと塩辛さに閉口させられました。マクドナルドと共にボクのブラックリストにラーメンも追加しました。親子丼の方が良いです。最近は和菓子が異常に好きで、いつでも羊羹や最中なんかあると本当に幸せです。京菓子にも惹かれますが、なにしろ東京なので入手しづらい。今度京都に行くので、チェックしてみたいと思っています。そのうちライブ前にもドーナッツ&コーヒーではなく、きんつば&抹茶、みたいな感じになったりして。多分ボクらが60過ぎた辺りで。その頃にはどんな音楽をやっているもんだろうね。ハハ。

 じゃまた来週!
[PR]
by dn_nd | 2008-11-03 22:31
hidden hit counter