ズボンズのリーダー,ドン・マツオの思考あれこれ。
☆最新の記事☆
DirtyなPresent。
at 2015-11-17 18:26
致命傷を負った生き物、その回復。
at 2015-06-21 00:26
それは未来の話である。Zoo..
at 2015-05-08 08:18
これまでは楽な方向に傾いてい..
at 2015-05-06 19:06
もっとチャレンジが必要となっ..
at 2015-05-05 08:54
☆以前の記事☆
2015年 11月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
more...
☆その他のジャンル☆
☆検索☆
☆ファン☆
☆記事ランキング☆
☆ブログジャンル☆
☆画像一覧☆
Top

<   2009年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2000年以降のクリエイター問題。
 レコーディングが終った、とは言ってもアートワークやったり、プレス用の資料をチェックしたりで、一段落したような気はしないのだけど、心はもう次の計画へとフワフワ飛んでいってしまいそうな今日この頃です。実際はライブが目前に迫っているので、それに集中しなければならないのだけど、ものすごく集中した時間が長かったので、気持ちが拡散するのを止められない感じなのでしょう。

 今年の計画のひとつに、DON Matuso Metamorythmic Experience名義で大阪・京都・神戸で月1回イヴェントを(ほぼ通年)やることにしました。(Metamorythmic、とはボクが作った造語なのだけど、Metamorphse/変形・変質する、とリズムをくっつけたもので、実際はズボンズの音楽を定義したものです。)我ながらどうしようもないのですが、ボクは自分が何をやりたいのかが直前にならないと分からない人間なので、そういう名義をつける事で何をやっても、どう変わっても「ドン・マツオの今やりたいこと」という切り口に置いては大丈夫なような容器にしようと考えたのでした。ある時は色々な人を呼んでJamをやるかもしれない。ある時はBluesの新規格化に取り組むかもしれない。ある時はRap、ある時はStonesのカヴァーetc,etc。ともかく毎回「コレを」というものをボクの存在にかけてやるつもりでアリマス。(少々大げさか…)常に無い知恵を振り絞って考えるので、苦しくもあるけれど、その果てにどのようなアイデアが出て来るかわからないし、それによって自分自身がどう変化していくのか、見てみたいと思います。つきあって貰えると嬉しいです。

 さて、昨日は次のレコーディングの打ち合わせと"NEW STONE AGE"のアートワークの打ち合わせをやりました。前者は録音のエンジニアリング、後者はデザインです。そしてそれはアイデアを出す、という立場だけに止まらず、実際に自分が手を動かさなければなりません。ハッキリ言って、ミュージシャンの仕事の領域を超えているけど、こうやって自分の作品/活動が関わっていること全てにコミットしなければならないのが2000年以降・現在の物作りする人間の必要条件になってきているように感じます。良くも悪くも。(先日SNOOZER誌用にストーンズの唯一人の日本人オフィシャル・カメラマンである有賀幹夫氏と対談したのだが、有賀さんも同じような事を言っていた。)その上ボクは自分自身が自分/バンドをマネージメントしているので、クリエイトの面だけでなくビジネスもやらなければならない。この2面は100%相反しているので、分裂症になるのを恐れて、最近は「今はアーティスティック・ドン・マツオ」とか「今はビジネスマン・ドン・マツオ」という風に、あらかじめ多重人格化して対応しています。いや、音楽やるのも大変になってキテルヨ……。(職業欄に何と記入するかも、迷う。)

 ボクもそろそろ体を鍛えなければならない時期です。ツアーも近づいてきました。みなさん風邪にはお気をつけて!
[PR]
by dn_nd | 2009-01-28 22:56

アルバム完成したヨ。
遅くなったけど、明けましてオメデトゴザイマス。今年もよろしくお願いします。

 クリスマス以降、年末年始と休みも取らず、ある場合には睡眠すら取らず、ソロアルバムのレコーディングに没頭しておりました。つい先日の日曜日に完成、待ちわびていたレーベル担当の本間くんに翌朝10時にマスターを渡して、そのまま工場へ持って行ってもらって、セーフ!!予定してた3月11日の発売に間に合いそうです。アブナイアブナイ。

 ソロアルバムとは言っても、メンバーはそっくりそのままズボンズで、それに8OTTOのセイエイがギターで加わっただけなので、ズボンズのオルタナティブ・ヴァージョンみたいなものです。便宜上ボク名義だけど、実際はどちらでも良いのだ。(それでも年内にはズボンズもアルバムを作り上げるつもりなので、そうすると違いも出るかもしれない。よくわからない。)いずれにしても短い期間に集中的に全力を尽くしてレコーディングしたので、その時の考え方ややりたい事が瞬間冷凍のごとくパックされたのは間違いない。出来はどうか、ときかれても、全力を出し切りましたと答えるしかないだろう。(つーか、かっこ悪いものを作る意味はないからなぁ。そんな時間も余裕もないデスヨ。)

 自分の中で、何かが大きく変わりつつあるのを感じてます。「それ」が指し示している方向に向かって、一生懸命やり続けなければ。何事も短い期間では結論がでないし、また、出してはいけないのだと感じます。一度決めた事に意固地になってでも固執して、馬鹿な目に会おうと、上手くできなかったとしても、長い期間やり続けることで、何かが見えてくるでしょう。ボクはそれに期待したいです。途中で投げ出したり、逃げ出したりしないように。

 近い内にHPでも発表しようと思っていたのだけど、今年はズボンズのレーベルをUltra Vybe内に作ってもらうことにしました。レーベル名はDonuts Warm、マークはこんなです。
c0107148_23414822.jpg

さしあたってレーベルの第一弾はボクのソロアルバムで、年内にズボンズの新作なんかをリリースすると思います。今後も続々リリースが……なんてことはないと思うけど、できるだけ質を落とさず続けて行きたいと思ってオリマス。(ボチボチ企画盤なんか作ろうカナ)応援して下さい。

 ではまた近い内に!
[PR]
by dn_nd | 2009-01-21 23:40
hidden hit counter