ズボンズのリーダー,ドン・マツオの思考あれこれ。
☆最新の記事☆
DirtyなPresent。
at 2015-11-17 18:26
致命傷を負った生き物、その回復。
at 2015-06-21 00:26
それは未来の話である。Zoo..
at 2015-05-08 08:18
これまでは楽な方向に傾いてい..
at 2015-05-06 19:06
もっとチャレンジが必要となっ..
at 2015-05-05 08:54
☆以前の記事☆
2015年 11月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
more...
☆その他のジャンル☆
☆検索☆
☆ファン☆
☆記事ランキング☆
☆ブログジャンル☆
☆画像一覧☆
Top

<   2010年 07月 ( 24 )   > この月の画像一覧

大海へダイビング。
 The Fruitsのアルバムのmix down作業中である。もう一通り全曲を終了した。今回のmixは、ボクにとって、来るズボンズのニューアルバムへの助走的意味合いをも併せ持つ。つまり、前回のNightfriend~以降、ボクが経験し、考えた方法論を存分に試しているのである。バンドの本人達は熊本にいるので、mixした音源をmp3ファイルでメールで送り、確認してもらっていて、先日のGBでのライブ終了後にメンバーから電話がかかってきた。mixはかっこ良いと思うが、もう少しギターのレベルを上げて、いつもの自分達のサウンドに近付けて欲しいとの事。

 その注文はすでに予期していた。なにしろボクはメインのギターのリフのレベルを限りなく小さくし、エコーを存分に効かし、全体のサウンドの中で「うねり/流れ」の一部になるようにmixしているのだ。ラフmixではギンギンに鳴っていたギターが音の洪水の中に埋没した完成版を聴いて、彼等は戸惑ってしまっただろう。そこでボクは彼等に問いただした。「このmixはかっこ良いのか、どうか?」

 結局はそれだけなのである。誰もが予想している完成図を持っている。そして、目の前に出て来たものが自分の想定内から大きく外れている時に、どれだけ客観的に判断できるか、それともあくまで自分の想像しているものに固執するのか。もちろん、音楽はあくまで彼等のものであって、これからボクとバンド側の間で吟味・検討していき、然るべき着地点へと向かうことになるだろう。その過程で起こるべき偶有性とどれだけ上手に付き合えるかである。

 ボクらはあまりに強固な「一般的な物の見方」に支配されていて、自分自身の感覚を信じ切れない時がある。「こうあるべき」という物の考え方を一方で認識しつつも、それをあくまで参考の一部とみなし、より良い結論に至り、新しいものを作るには、強い客観性を保つ努力をしなければならない。

 問題は、それを沢山の人と共有できるかどうかであろう。日本人であるボクらは常に「他人はどう思うだろう?」と気にしながら生きる習性を持っている。他人に拒否される事は何より大きなダメージとなる。「そんなの関係ない」と言い切るのは簡単だが、誰もが分かっていても出来ない事なのだ。しかし、やはりボクらはギリギリの崖っぷちに居て、最終的には大海に飛び込む勇気を持たなければ、「その先」へ向かう事が出来ない時期に来ている。誰しも、いつまでもぬくぬくとした場所にはいられないのだ。それに、その場所は本当に自分にとって「自分が保てている」場所なのか。
[PR]
by dn_nd | 2010-07-31 10:56

「世界」という可能性の混沌。
 さて、その若いバンドを見て、音楽的な傾向として、昔の(60~70年代)の日本のロックの影響を感じる。実際に挫・人間のメンバーに今何を聴いているのかと尋ねると、「外道です」という答えが返ってきた。フム。おそらく、今迄の洋楽フレイヴァーの根本J-POPという碌でもない「J-ROCK」というメインストリームへのアンチテーゼとして、古き良き日本のロックが「自分、若しくは分かる仲間だけ」の音楽として浮上してきたのも不思議ではない。クラスの人間がみんな聴いているJ-ROCKを、「あんな下らないもの」として自分の道を見つける、まさしく正しいロックへ向かう道である。また、メインストリームに対して、バンドがよりレアでガレージなものに向かっているのは世界的な傾向である。未だに巨大なフェスやアリーナ/スタジアムクラスのショウに足を運ぶ人は少なくはないけれど、若い世代はもっと親密でギューギューした空間でのライブ体験へと要求が移行していると感じる。

 しかし、前回も書いたように、日本の若き世代に関してボクが懸念しているのは、それが只のリバイバルになってしまっているところである。つまり、音楽としては残念ながら「若いというエネルギー」以上の新しさを感じることは出来ない。外という巨大に向かって「どうだオレを見ろ」とガムシャラにエネルギーを放出しているというよりは、mixi的な内輪の世界(とは言えそれは決して小さい訳ではないのだけれど)にだけ「どう、オレかっこいいでしょう」と小ぢんまりとまとまってしまっていると感じる。そこは「世界」という客観性の欠けたフィールドである。なので結局前の世代が洋楽的真似事しかできなかったのと同じように、古い日本ロックの復権にしかならない可能性もある。それは日本のロック史から見て、何の進歩もない。むしろ、彼等が手本にしてきたミュージシャン達は、どうにかしてロックを自分のものにしようとガムシャラに努力してきたのではないか。ボクとしては、音楽そのもの以上にその姿勢から学ぶべきだと思う。「今」という世界の中で自分だけが出来る唯一の音楽を見つけていって欲しいと思うのである。日本というガラパゴスの中に安住の場所を見つけてしまっては、世界の中からどんどん取り残されてしまっていく。

 とは言え、以下のニュース(「新入社員の内向き傾向」http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100728-00000108-jij-bus_all)に垣間見れるように、若者の意識が世界へ向いていないというのも事実なのだろう。どうしても今迄と同じようにお上やマスコミのお墨付きでなければ世界の情報を受け入れないという体質を変えるのは難しいのか。現在、インターネットが世界同時進行で情報を流している。それも各国マスコミだけでなく、ローカルな一人の個人的感想ですら同等にニュースだと言える世の中なのである。つまり、受け手も、関係者であれ、個人であれ、手に入れられる情報は100%同じもので、時間差もない。もし自分の感覚を頼りに出来るのであれば、マスコミから流れる情報も(例えば)オハイオ州の田舎に住む少年の感想も、結局は自分の判断の一参考材料に過ぎない訳である。

 今迄は違っていた。インターネット以前では個人の情報収集ではとてもマスに対抗出来なかったので、マスコミから流れてくる「これが世界の今の流行ですよ」という情報に自分を合わせるしかなかった。このシステムを多くの人が信頼してきたし、そこから離れられない人も多い事だと思う。しかし世界全体でこのシステムは崩壊してしまっている。もはやマスコミの情報にコントロールされる必要はないのである。そして、自分の好みを徹底的に追求しつつも、世界とのコネクションも無くさずにいられるようになるのではないか。後は、自分で物を考えることが出来るかどうかである。

 世界の中に飛び込むには、冷静な客観性を自分がしっかりと持っていなければならない。音楽に関しては、「これが本当に自分自身のものと言えるのか」「誰の前であれ、これをどうだと自信を持って演奏できるのか」、このように常に自問自答する姿勢を持ち続けなければ。スタートは今のままで結構である。すべては前人の模倣から始まる。その先に新しい自分を開拓していけば良い。大きく客観的な目を持ち、巨大な可能性の混沌へ飛び込もう。

 じゃあ、ボクはお先に!
 
[PR]
by dn_nd | 2010-07-29 11:40

若きウェルテル達。
 昨晩、夜も7時を過ぎてから、ライブを見に新宿まで出掛けた。10代のバンドを集めたイヴェントだったのだけど(挫・人間を見にいったのだ)、月曜の夜というのに子供達がギューギューとひしめき合っていて、軽く驚いてしまった。更にイヴェントが進むにつれ、何かこれまでとは違う、生の音楽に対する熱烈な希求が若い世代に生まれてきつつあるのを感じて、ちょっと嬉しく思った。ようやく日本のロックも若く新しい世代が席巻し始めるような気がする。それも、今迄よりもずっとリアルな手応えを持つ音楽が。これまでは、言うのも何だけど、あまりに下らなかった。若い世代がそういうものの影響ではなく、自分達が手探りで、自分にとってリアリティのある音楽を見つけようとしているのであれば、ある意味必要悪だったと言えなくもないが。

 ただ、気になる点がない訳ではなく、一つはその音楽性が、どうしても日本製のものになってしまっているという感じがする所である。もちろん、洋楽的なものを単に借りてきて日本語を乗せてそれで良しとするバンドに比べるとずっと良いとは言え、「これが日本の新しい世代のロックだよ」と世界に紹介するには、やはりまだまだタフさが必要だし、もっと世界を最初から視野にいれた音楽作りをやるが良いであろう。可能性は大いに開けているのだから。

 きちんとした大人が、上の世代が、方向付けをしてやらなければならない。甘い言葉で目先の儲けへと、間違った道へ引っ張って行くしょうもない大人が蔓延している。彼らには世界を見せてやったり、世界を開いて見せたりする事は出来ない。ただひたすら自分の信じているルールの中で「自分の」ゲームをやっているに過ぎない。それが「今」の無様な体を作っているのだ。(今迄しょうもないシーンしか作れて来なかった人間に将来が作れる訳ないじゃないか。)

 もはやボクは若いとは言えないので、同じシーンを共有することは出来ないだろう。ボクらはボクらの進む道があって、やらなければならない事がある。それでも、若い世代と断絶するのではない。やはり音楽というのは、すべてを超越したものだと信じている。フラットに付き合っていきたいと、ボクは思うんだけれど。
[PR]
by dn_nd | 2010-07-27 18:15

トイレにて思う事あり。
 毎日色々と日本の現状に関する自分なりの考えを記しているのだけど、書いているボク自身、なかなか「日本的マインドセット」から抜け出せないのも事実である。例えばトイレに入っていても、近くに人の気配を感じると、何となく「早く出ないとまずいかな」と思い、十分用が足せなかったりする。(しょうもない話ですみません・・・。)海外にいる時(少なくともボクは)誰がノックしようと「知るもんか」といった感じで、全然気にせずにいられるのだがね。何故だろうか。その一つは、明らかに異人種の中に雑多と混じっていると、相手の心情が推し量れない上、日本人的常識(相手がどう思うだろうか・・etc)が機能しないので、かえって「オレはオレ。キミはキミ。」というハッキリした境界線を自覚し、自分の存在を独立したものとして捕らえる事が出来るからであろう。

 それはあらゆる場所で(トイレに限らず)感じる事で、異人種・異文化の中にいると、自分が独立した存在であり、誰の視線も気にする事なく自分のやりたい事に集中できるのではないか。それは自分勝手な行為に繋がるかと言うとそうでもなく、むしろナチュラルな親切心や興味が出てくるように思う。

 「こうしなければならない」「こうするのが日本人として当たり前だ」という自分で自分に押し付けている「社会的常識・自意識」をブレークスルーして、ナチュラルに生きるのが、非常に難しく感じるものである。
[PR]
by dn_nd | 2010-07-26 10:46

立ち上がって世界を見る。
Velvet Sunという荻窪にあるクラブのブッキングをやっている森くんと打ち合わせしていた時に出た話。特にFree Jazzをやっているミュージシャンによくみられる事らしいのだけど、曰く「自分達のやっている事が難解(=高尚)過ぎて日本人には分からない。だから演奏やってもお客に受けなくて当然なのだ。むしろ、それこそが(自分が)凄い証拠だ。」もちろん、こういう物言いは誰の目にも明らかなように、非常に幼稚で偏った、ひがみっぽいものである。それに対して、ある人はこういうだろう。「それは本人の努力不足であって、ミュージシャンであるならば、どうあってもそこにいるオーディエンスを楽しませることができないと、本物とは言えない。」確かにそれは一見筋の通った意見だし、音楽が言語も文化も超えた普遍性を持つという原理から考えると正しいようにも思えるが、実際はこれもまた乱暴な意見だと思う。言い換えれば、価値観も性格も異なる職場であれ、自分を殺して頑張れと言っているようなものだからだ。

 音楽というものは言語も文化も超える。とは言え、決して普遍性を持つものではなく、例えそれが良いものであっても、全ての人に良く感じてもらえるとは限らない。(日本人の趣味嗜好や態度というのは決してオープンではない)やはりあくまで音楽というのは個人の中から生まれるものである以上、全てを共有するのは難しい筈である。しかしそれが誰にも支持されないのであれば、勿論、ステージの上でお客を前にしてやる理由はない。しかし、お客に受けを狙って演奏するほどの才気も器用さもなければ、やりたくもない。ならば、どうか。

 ここで最初の発言のように自己防衛に走って殻の中に閉じこもってしまうのであれば、そこまでである。それ以上何も発展しないし、本人の才能も発揮されないままつまらない人生を送る羽目になってしまうであろう。それは愚かだ。もしかすると彼の音楽をチェコスロヴァキアの人は受け入れるかもしれない。イスラエルの人はどうであろう。何も日本人が日本人に受けないからと言って、それが彼の能力を否定するものではない。自分が信じるものであれば、必ずそれを分かってくれる人間もいる筈だという信念を持って、世界へ突き進んで良い時代であり、我々は世界へ出て行くのに何の規制もない国に生まれている。幸運なことに。

 あとは自分の問題である。自分の人生を「やり切った・バットを振り切った」ものに出来るか、自己憐憫に満ちたしかし不平不満を抱えたもののままにするのか。何が自分はやりたいのか、その為に自分は最大限の努力・犠牲を払えるのか。立ち上がって、世界を見てみよう。
[PR]
by dn_nd | 2010-07-25 16:58

コンピューターを壊すのは・・・。
 マッタさんの頑張りでボクのimac(ニックネームはikumac)が完全復活!これでようやく仕事に取り掛かれる。ありがたい。まずThe Fruitsのmixを仕上げて、次はズボンズのレコーディングだ。その前に明日から千葉の海に出掛けるのだ。夏ですね・・・・。

 今回はハードディスクの交換だった訳だけど、その作業をやってしまうマッタ様(格上げ)はすごいです。ボクには傍からその作業見ているしか出来なかった。その姿は、完璧に職人だったなぁ。ボクはこういう根気のいる時間のかかる作業はてんで駄目で、やり始めてもすぐに投げ出して、不貞寝してしまうであろう。日頃はみんなに「もっと早く動け」とか「スパスパ行動しろよー」なんて言っているのだが、世の中はそういう人間だけではうまく回らないものである。

 それにしてもMacは本当にすごいですね。何がというと、そのデザインと機能が完全に収まりきってしまっているところ。ものすごく徹底している。このデザインを実現する為に、この部品はここに収めて、このコードはこういう風に見えないようにして・・・・と、難易度がものすごく高いパズルである。開けて中を見て初めて分かるMacのすごさです。(それだけに素人の修理は大変なのだが・・・・・再度さすがマッタ様々である。)

 ところで、ウチでは何回もコンピューターを壊しているのだけど、壊す時にコンピューターを起動させているのは、いつもボクである。そしてそれを直すのはマッタ殿である。一方で、ウチでゴキブリを見つけるのは、いつもマッタさんで、スピード処理するのはボクである。まぁ、そういう風に決まっているのだろう

 キタガワくんからの電話は無し。
[PR]
by dn_nd | 2010-07-22 11:12

キタガワですけど・・・・・・・。
 先日、自宅の電話機にコールがあった。午後10時頃である。仕事の場合はすべて携帯なので、実家からかなと出てみると、「もしもし、キタガワですけど、ウチに電話しましたよね?」と男の声が言ってきた。もちろん、電話なんかしていない。「間違い電話だと思うけど。」と答えると、「ウチに着信が2回残っているんですよね。xxxxx番ですよね?」確かにそうである。「そうですね。でも電話してないよ。」「誰か他の家族の人がかけてませんか?そちらお名前は何といいますか?こちらキタガワです。」「マツオですけど。」「ちょっと家族の人に確認してもらえませんかね?2回着信が残っているんですよ。」そんな訳ないよなぁ、と思いながらも一応妻に確認して又戻ったところで、電話は切れていた。

 成る程、こうやって名前を採集して勧誘や犯罪に使うのだろう。だまされたと分かって、直後は非常に憤りを覚えたが、冷静に判断すれば何の事はない、ただ番号と名前が知れただけのことである。多分いつか、あの有名なオレオレ詐欺的な電話がかかってくるに違いない。楽しみである。いずれにしても、振り込むほどの大金も持ち合わせていないが。
[PR]
by dn_nd | 2010-07-21 10:29

ばちが当たったような気分・・・。
 今日は米ツアーの為に溜まっていた仕事のうちで一番気がかりだったThe Fruitsのmixに着手する。一日中Worm Hole スタジオで作業。我ながら、元々レコーディングした時の音が格好良かったので、下手に小細工して中途半端に「今風」で、かつプロっぽくするよりも、デコボコした生の状態の方が断然良く、むしろその方が2010年のインディーロックのレコードなのである。
 
 3曲を良い手応えでmixを終わらせ、これはすぐにボクのmyspaceにでも音源をupして・・・と考えながら、晩御飯(豆腐とサラダと糠漬)を食べて、また虫穴に向かい、imacの電源を入れると・・・・・・・・・コンピューターが壊れてました・・・・・。ハードディスクが駄目になったらしいです。どうもアメリカツアー中に湿気にやられてしまってた模様。(梅雨だったもんなぁ。)お陰で今までやった作業はすべてパーになってしまったばかりか、ハードディスクまで交換せねばなりません。不幸中の幸いというべきか、Mattaさんがハードディスク交換のエキスパート(実は何回かウチのMacbookも同様に破損&交換を経てきている。)なので、またお願いしなければ・・・・・。それにしても、こういう事があると、打たれ弱いボクはガクーッと落ち込んでしまう。持つべきものは、補完し合えるパートナーである。とほほ。作業はまたちょっと持ち越し。スマン、Fruitsよ・・・・。(それでも、アルバム自体はかなりカッコイイものが出来ます。ドン・マツオ仕事である。皆さん、チェックされたし。)

 作業の合間にTwitterに関する入門書的な本を読む。なるほど、使い方によっては面白いかもしれない。ドン・マツオ音楽講座みたいなものをやるとか。考えるべし。

 それにしてもimacよ・・・・・・・・・・。
[PR]
by dn_nd | 2010-07-19 23:18

Be Cool, Don't Fight It.
 あるロックバンドが海外に行く。現地でのTVの出演があるが、局に出向いてみるとバンド側が求めた設備が全然整っていない。(モニターんもない、アンプはチャチな安物で、数も足りないetc.)製作側に不満を訴えても今はこれしか用意できないので、このままやって欲しいの一点張りだ。バンドは、どうにも見下されているような、差別されているような気がする。勿論、納得いかない。
 
 さて、このバンドのとるべき態度はどのようなものか。
 ・「この設備では演奏出来ない。」と製作側に伝え、毅然とした態度で、最終的に演奏せずにTV局を去ることになったとしても、最後まで自らの意思を貫き通す。

 このような態度/ 姿勢を我々は立派なものだと思いはしないだろうか。「さすが、日本人として立派だ。」「潔い。」TV出演という大きなチャンスを放棄してまでも自らの意思を通そうという姿は一見立派なように思えるし、ある種のヒロイズムを感じさせもする。ボクも以前であれば、そのような姿勢にシンパシーを感じたと思うが、やはり今となっては間違いだと思う。

 もし万が一見下されていたとしても、差別されていたとしても、自分が納得のいかない環境で演奏しなければならないとしても、それを甘んじて受けて立ち、それでも素晴らしい演奏をして見せる事で初めてすべてのカードが表になるのではないか。初めて差別の視線が変わるのではないか。そうしてお互いに敬意を払い、同じ土俵でコミュニケーションを取り、交渉も出来るようになるのではないか。

 日本人特有の表面的なかっこつけや理屈の持ち様は、それを第一義としてしまうと、先にある本当に果たすべき事を台無しにしてしまう可能性がある。それは日本人の美学なのかもしれないが、やはり出すべき時と、心のあり方だとして仕舞い込んでいた方が良い時とあるのではないか。上っ面の感情論に振り回されて、やるべき事が達成出来ないのでは何にもならない。(場合によっては誤解を生む事で事態はより悪い方向に行きかねない。)Coolに、とにかくCoolに、物事の行く先を見る目を持たなければ。
[PR]
by dn_nd | 2010-07-18 12:32

Come Together.
 日本人によくある傾向で、ボクが昔から好きでなかったのは、何かと「内輪」にしてしまう/なってしまう所であった。10年以上前、とある大人気のお笑いコンビの番組を見ながら、「この人達は確かにすごい人気だけれど、ただひたすら内輪受けが巨大になっただけに過ぎないじゃないか。」と発見して、まるで興味を失ってしまったのを思い出す。また、「内輪」においてはやたらと強気で威勢の良い発言をする人間が、もっと偉い人や外国人の前では手のひらを返したような卑屈な態度を取るのも、良く露見する光景だ。(政治家なんかもそうだ)

 こういう内弁慶な態度、そしてその中で楽しみを見つけ、のうのうと生きていける人、受け入れていける人が大多数でいる限り、日本という国はいつまでたっても世界の中に立つことはできないであろう。「世界の中に立たなくったって良い。日本は日本なんだから。」という人が沢山いるだろうが、いい加減そんな稚拙な考えは捨てるべきである。むしろ「日本は日本で良い」と内外ともに認めれるようになる為に世界に向かってガバッと飛び込まなければならないのだ。そこで「内輪」の論理や「暗黙の了解」は通用しない。個人が自分の存在を賭けて立ち向かわなければならない場所だからである。

 所属している組織や団体、カテゴリー、場合によっては家からすら「脱」しなければならない。そこでのみ通用していたルールは何だったか。そこでのみ強要されていた自分は、本当の自分だったのか。それは何処にいてもどんな人と会ってもゆるがない自分の中心であったのか。

 そのような「マインドセット」は時にその人間の感情をすらコントロールしてしまう。しかも、自らそうしてしまう。「みんながそうするから・・・・・」「みんなが好きだから・・・・・」そういう風に考え、行動してしまうのは楽なのかもしれない。ゆったりとした大きな適温のお湯に浸かって「I know you, you know me....」。湯船の外は大きな嵐を巻き起こしかねない大海である。でもその先にはさらに大きな可能性があるんだ。
[PR]
by dn_nd | 2010-07-17 11:03
hidden hit counter