ズボンズのリーダー,ドン・マツオの思考あれこれ。
☆最新の記事☆
DirtyなPresent。
at 2015-11-17 18:26
致命傷を負った生き物、その回復。
at 2015-06-21 00:26
それは未来の話である。Zoo..
at 2015-05-08 08:18
これまでは楽な方向に傾いてい..
at 2015-05-06 19:06
もっとチャレンジが必要となっ..
at 2015-05-05 08:54
☆以前の記事☆
2015年 11月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
more...
☆その他のジャンル☆
☆検索☆
☆ファン☆
☆記事ランキング☆
☆ブログジャンル☆
☆画像一覧☆
Top

<   2011年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ここで生まれ、ここで死ぬ。
 役者の難しいところは、台本があり、演じる人物の将来や運命を分かった上で、それを分からないものとして人物の「今ここ」を演じなければならないところだろう。すでに知っていることを完全に削除することは不可能だけれど、未来を知った「人間」などはいないし、存在してはならないものだ。考えれば考えるほど難しい。だからよくできた役者は「自分」を「人間」に持ち込むことなく役を演じることが出来るのであろう。一方、不出来な役者は「解釈」しようとするので、あくまで自分という「本人」が役に出てしまう。「泣く」という行動一つとっても、様々なシチュエーションにおける、様々な感情の表出がある。それは当然、その人間の辿ってきた全軌跡を負った上での感情になる筈であろう。定型化した「泣き」の演技というのは、単に最大公約数的な記号を見せつけられているに過ぎない。「”泣き”って普通こういうもんでしょう?みなさん分かるでしょう、ね?」と問いかけられているようなものである。そういうものが世界に蔓延している。感情もまたファーストフード的な扱いをされているのだ。

 将来や運命を知らないように、というのは、果たして音楽を演奏をするときも同じだとボクは考えている。いつも言うのは、「曲を演奏してはいけない。」ということである。曲をすでにあるもの〜完成しているのものとして演奏してはならないという意である。これから何が起こるのか分からないが、とにかく大団円へ向かってより良いエンディングを迎えることが出来るように「今ここ」で最大限努力する、ということである。確かに楽曲には道がある。Aメロがあり、Bメロへ移行してコーラス、ソロ、キメのブレイク、またコーラス、と行くのである。しかしそれはあくまでもそこに行くまでの軌跡を踏まえたものでなければならないし、その移行が当然の結果としての選択であるようになっていなければならない。目の前は常に白紙、という状態で演奏せよ。「それ/運命」が向こうから来るのを受け止めよ、ということである。「あー、次はキメでしょ。」とやるのではなく、「あー!もうキメなきゃ!!」という状態でキメに入らなければならないのだ。その為には、そこで流れている音楽の大きな流れに100%身を委ねなければならない。「音楽」だけがその流れを知っている。「音楽」は自分が演奏して作り出しているものであるにもかかわらず、始まった瞬間から主導権は自分達にはないのである。始まった瞬間から「音楽」は産声を上げ、確固と存在する。そしてミュージシャンは侍者のようにそれに従うしかないのである。それはまったく、人間が生きるという行為と同じことである。

 この思索をエクスパンドして考えてみると、ボクらは何度もの生をステージ上で繰り返し体験していると言ってもいいのかも知れない。ステージというのは、「ここで生まれ、ここで死ぬ。」という生の置き換えとも言えなくもない。(そこでは時間は捩じ曲げられ、時に縮まり、時に延びる。)幾多もの生を得ても、特に賢くならないばかりか、謎が深まっていくばかりではあるが、その行為を繰り返すことでしか答えが見つからないのもまた自明である。そうしてまたステージに上る。

 明日はまたアメリカへ出発だ。上述の通り、何が掴める訳ではない。毎晩「そこで生まれ、そこで死ぬ」を繰り返すばかりである。しかし「分かる」というのはファーストフード的紋切り型の成果のように明らかなものではない。それは無意識というドロドロとした混沌の中に入り込み、混沌の一部となる。混沌はまた一段複雑さを増した混沌となる。黒がどのような黒になっても、すぐには見分けはつかないかも知れないが、そこには段階や表情や、または温度差みたいなものがあるのだ。そしてそれは経験の等価として生きてくるものかどうかは分からない。それでも、行くのである。混沌をより混沌とする為に、である。
[PR]
by dn_nd | 2011-02-28 14:18

朝トレーニング#02212011
 創作期は気もそぞろで、文章なんかとても書いていられないのだけれど、場合よっては何か得るものがあるかもしれないので、少ない時間で強制的に書き付けていってみようかなと今朝思ったのである。(書きつつも、そぞろだ。追われているような気がしている。むむ。)制限時間は10分。なんだか受験のようだ。

 受験と言えば割にネガティブな感慨しかないのだけれど、あのような特殊なプレッシャーの強い状況を通過したことだけは、考えてみると、意外と自分の為になっているような気がすることもある。創作というのも、別の意味ではあれど、かなりプレッシャーの強い作業であるし、ある種「自分」という人間を追いつめることになる。あまりにやりすぎると、精神崩壊まで至るかもしれないが、それでも作る方にしてみれば、ギリギリその一歩手前辺りまでは追い込んで、そうして獲得したいと思っているものである。その負荷にどこまで耐え得るか。許容範囲を越えた重い荷物を持って、投げださず、踏ん張りきるというところで、その人の限界がある。常に楽な方向に逃げる習性を持っていては、創作も難しいのである。そういう意味で、如何に社会に出て役に立ってなくとも、馬鹿馬鹿しかったなぁと思いつつも、受験期のあの逃げられないプレッシャーを持ちこたえたのは、何らかの「精神的踏ん張り筋力」をつけるトレーニングになったかなと思わないではない。何と言っても、自分に楽な方へばかり進んでいては、大した自分の掘り下げも出来ないのではないかな、と思う訳なのであります。

 
 
[PR]
by dn_nd | 2011-02-21 06:58

自分の声を聞く。
 ここのところ新作製作に向けての創作期に入っているので、日常的にも「心此処にあらず」という状態であり、とても文章を書く等、他のアウトプットが出来づらい日々が続いている。先週末は三日間続いてライブだったのだけれど、どの日も現場のサウンドチェックは辞退させていただいて、朝からみっちりと曲を仕上げる為にスタジオに入っていた。(とても消耗した。)今のところ曲的には6割くらい見通しが立っていて、作詞作業はこれからである。そしてアメリカツアー出発までは2週間。むむ。どうしてもいつもいつも背水の陣をひくというのがズボンズのマナーであるようだ。でもズボンズ的way of thinkingとして、「どんなことでも、始まればいつか終わる」というのもある。終わるというよりも終わ「らさなければならない」というところだが、ずっと空を飛びながら安全に快適に着地できる場所を探しながら、出来るだけ遠くまで飛ぼうとしているようなものである。ギリギリまで踏ん張って、「今だ!ここっ!!」という感じで胴体着陸をするのである。ずりずりと引きずった機体はボロボロ。荷物でゴッタ返した機内で乗組員は埃まみれで血を流している者もいるけれど、どりあえず無事といったところである。(しかも乗ってる飛行機は宮崎駿の描くようなプロペラの複葉機であれば、シチュエーションとしてバッチリ。)乾杯!!

 ところで、先日下北沢で終演後の楽屋で共演してくれた若いバンドのドラマーと会話したことについて書いておこうと思う。彼は高校を卒業して一度は飲食系の会社に就職したものの、仕事が合わないのとドラムに力を注ぎたいという意志で、現在はアルバイトしながらミュージシャンを目指しているとのことであった。彼がなかなかスマートなドラムを演奏するのをボクは見ていた。せっかく共演してくれたのでボクからのアドヴァイスとして、「ドラムを極めたいと思うならば、ドラム以外のことを沢山やるように。」と伝えた。当然彼は困惑した表情を浮かべていた。ボクは続けた。「ドラマーを志す人間は皆誰もがやるような練習メソッドに従って、訓練を積んでいる。例えば、スティックをイチ・ニー、イチ・ニーと振り下ろしたり、メトロノームに合わせて叩いてみたり。実際それは誰でもやることである。もしキミが誰とでも取替えがきくようなドラマーになりたい(そのような人間があいるのかはさて置き)ならば、それでも良いだろう。でも、もし自分という人間をリプリゼントするようなドラムを目指すならば、”自分自身の声”を見つけなければならない。それはテンポやパターンには表れない”温度”や”手触り”だ。"自分の声(ヴォイス)”を見つける方法はドラムを訓練するメソッドには記されていないけれど、誰もがやることを追求すればするほど自分の声が他人の声と同じようになってしまうのだと思う。声を出して歌うのも良いし、良質の文学を読むのも良い。とにかく自分が自分の"言葉”と"声”で話せるようになれば、(そしてそれを誰かが気に入ってくれれば)取替えのきかないドラマーになれると思う。」

 彼がどう思ったかは実際よく分からないけれど(若者の表情を読むのは、熟れたアヴォカドを選ぶのと同じくらい難しい)、彼は両手を差し出して握手して下さいと言った。ゴッド・ブレス・ユー。神様があなたの耳に囁きなさるように。ボクもずっと頑張っているんだよ。
[PR]
by dn_nd | 2011-02-15 10:21

大きなものの中にあっては。
 ボクのとってJamをやるというのは、まったく無の状態から音楽を創り出す作業だ。音楽を見出す、でも良い。昨日もバンドでリハーサルに入っていて、いかに「上手く」Jamるかというのは、つまり、いかにそれがあたかも最初から「その曲」であったかのように聴かせることだ、と言った。演奏している時その瞬間に、次に進むべき道筋やアイデアが浮かぶのか?と聞かれるが、実際演奏している最中は一刻一刻と演奏している訳で(当たり前だ)、途中で「次何やろうかなぁ~」などと立ち止まって考えたりする瞬間はない。実感としては、やっている側から感じ、それを刹那で演奏している状態で、どちらかというと「何も考えていない/考える暇はない」のである。それでいて最初からその曲があったかのように聴かせる、というと難しいことをやっているように(自分でも)思えるが、その通りなのである。

 このようなイメージが想像できるだろうか。何でもいいが、例えばコンピューターの画面をタイムラインとして縦に1本の線が左から右へと走っている。その走っている側から左側にどんどん絵が完成していく。線の右側は真っ白(というか無)である。そのタイムラインはどんどん右へ進んでいく。それにつれどんどん絵が生まれていく。そのタイムライン上にいるのが演奏者である。タイムラインはストップさせることはできないし、形成され続けている絵を後ろに戻って修正することはできない。走りつつ絵を描きながら、構想のない絵を完成させなければならない。ボクはそのような前線を走っているように感じる。そして演奏が終わった後にいつもこう思う。「確かにこれはこのように演奏されるべき音楽だったんだなぁ」と。

 それはあたかも設計図があり、それにのっとって演奏されたようなもののように見える。しかし、そこにはボクという「自分」の小さな考え/設計図からは導くことの出来ないものがある。実際、自分が設計図を持っていなかったのを良く判っている。またある時は、「こうしよう」という自分のイメージに固執する余り、伸び伸びと絵を描けず、矮小なまとまりしか示すことができない場合もある。つまり、このことから導くことが出来る暫定的な結論は、「とりあえず頭の中を空っぽにしてその時その時の判断を積み重ねることが大きな絵に繋がるようだ」ということになりそうである。しかし、簡単に「何も考えない」状態でステージに上がるということが出来るかというと、どうだろう。「悟り」のようなものが必要になってくるだろうし、ボクがその境地にいるとは、どう考えても思えない。

 それはある意味では自我を捨てて音楽に身を任せるという行為である。そこにとてつもなく大きな矛盾がある。ボクらは自我を持ち、それを表す為に音楽する。しかし、より大きく「音楽」する為には、自己を捨て、空っぽになってそこに飛び込まないことには成し得ないのである。矛盾ではあるが、矛盾が同時に存在せざるを得ないことを体感し、そこから世界を理解する(または更に混乱を呼び込む)のであろう。実に、音楽することから学ぶことは多いものです。

 そして、Jamというのは一人では出来ない(出来なくもないが)。その時共に演奏する人間によって現れ方は(もちろん)大きく違ってくる。ボクの実感としては、最低限の技術があれば、一緒に音楽を作ることは難しいことではない。むしろ、「自分」に固執する、もしくは、「自分とはこれだ!」というものを持っている(と思っている)人間は音楽全体を創り出していることに気付くことが出来ず、場に巻き込まれず、逆に足を引っ張ることが多い。(そこを上手く回避させながらソフトランディングさせるのがボクの役目でもあるのですが)

 このことで、「自己を持つ」というしがみつきが及ぼす危険性に、注意を払わなければと、ボクは自省なければならないだろう。大きなものの中にあっては、その中で「自分」を主張することが満足なのではなく、その大きなものの一部であることにこそ満足するものではないだろうか。なにしろ「大きなもの」なのだから。どうも小さな頃から「自分を持ちなさい」みたいに自分・自分・自分と言われ続けていたので、「自分が考える自分らしい自分」こそが唯一無二のリアルな自分だと考えてしまいそうになるが、「大きなもの」の前では膝をつくしかないように思う。無理をして小さな自分を主張することはないのである。へらへらへらとFoolになってしまうのが一番良い。
[PR]
by dn_nd | 2011-02-07 10:40
hidden hit counter