ズボンズのリーダー,ドン・マツオの思考あれこれ。
☆最新の記事☆
DirtyなPresent。
at 2015-11-17 18:26
致命傷を負った生き物、その回復。
at 2015-06-21 00:26
それは未来の話である。Zoo..
at 2015-05-08 08:18
これまでは楽な方向に傾いてい..
at 2015-05-06 19:06
もっとチャレンジが必要となっ..
at 2015-05-05 08:54
☆以前の記事☆
2015年 11月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
more...
☆その他のジャンル☆
☆検索☆
☆ファン☆
☆記事ランキング☆
☆ブログジャンル☆
☆画像一覧☆
Top

Autumn tour'14 vol.13 live@福岡薬院ユーテロ
福岡にて九州最終日。
前日までの疲れが出たのか、夜12時前に寝たのに起きたら午前9時だった。ボクのツアー中の睡眠はひどく少なくて、大抵は毎日4から5時間しか眠れない。時には3時間で目が覚めてしまうこともあって、そんな朝は朦朧としながら本を読んだり(今はヘミングウェイの短編集)、解けない数独をやったりしている。朝は食べない。なので9時間も寝れると気分爽快かというと案外そうでもなく、休みに慣れた会社員が更に休日を要求するように、身体はあちこちの不調を露わにする。首が腰が肩が膝が組合を組んでストを起こす。こんなんじゃやってらんないすよ社長。本日の不安要素その1である。

会場に到着してケースから取り出して初めてギターが弾けない状態にあることに気づいた。2弦を巻きつける部品が役に立たなくなってしまっている。うむ、確かにここのところ結構ハードに使ってきたものなぁ、と思うが2弦が無ければさすがのボクも演奏に支障がある(ショウの最中ならば、多分やり切ってしまうだろうが)。不安要素その2。
サウンドチェックにて。今日は初めて顔合わせするメンバーである。音を出し始めた瞬間、爆音になりすぎている。全体の音像調和に気がつかないで「自分の音」を大きく出そうとすると、こうなる。(不安要素その3) 更に、ボクの方を見ないでプレイしている。ボクは何時も書いているように、その時に現れる音楽に反応して演奏し、その中で皆の役割を与えるので、プレイヤーがこっちに注意を払っていとそれを伝えることが出来ない。(不安要素その4) まいったな、と思いながらも、メンバーに上手くそのことを伝え、理解してもらいつつプレイヤーの良い部分は残しておかなければならない。ボクという立場は、あまり注意が強過ぎるとメンバーの萎縮に繋がって、今度は相手がすべてこちらの顔を伺いながらのプレイなってしまって、それは一番困ったライブになってしまうことになる。やはりプレイヤーには音楽という大きなスペースの中で伸び伸びと自分の演奏してもらうことが一番良い。

ところが不安要素が多かったせいか(せいだ)、どこかイライラしていたボクはコードを覚えていなかったベースの子(サラサラ)をつい怒鳴ってしまった。怒る、という行為はエネルギーが強すぎるので、その使い方は特に気をつけなければならないものである、と最近は考えている(遅いのか)。なにもいつも楽しく仲良くやれと言う訳ではないけれど、その怒りの遠因が何処にあるのかによって、相手に与える影響も違ってくるように思う。今日のように不安要素をいくつか抱えていたり、睡眠不足や体調がどこか優れない状態の場合、実際の事件はトリガーに過ぎず、実はただ自分の不安感や苛立ちの感情噴出のはけ口を求めていたに過ぎない。しかし必要以上のエネルギーで怒られた人間は傷と不信感を持ってしまい、それを回復するのはなかなか大変なことなのである。自分という人間の扱いの難しさよ。サラサラ、悪かった。

と、まぁ色々あったのだが、その一つ一つを解消し(身体は動かすことで、ギターは新しいのを買って、メンバーには具体的に指示と意図を身振り付きで話し、サラサラにはドーナッツを勧めたりして)、本番は神様に託して、何があってもここで踏ん張ってやるしかないのだ、という気持ちで演奏する。良かった部分もあるし、どうも上手く乗れなかった部分もあるが、これがボクのやっていることである、結局は。みんな、どうもありがとう。こういうディープなコミュニケーションは間違いなく次に成果を結ぶことになる。またやろう。



[PR]
# by dn_nd | 2014-11-20 10:52 | Tour日記

Autumn tour'14 vol.12 day off@諫早
オフの日。諫早に住んでいる叔父に会いに。ちょっとお土産でもと思って見ている間に電車(ディーゼル機関車)は出てしまい、1時間ほど待つハメに。駅待ち合いベンチで寒さに耐えながら数独をやる。そして、来た電車(ディーゼル機関車)に乗ったら今度は線路近くの民家が火災になったのでこの電車(ディーゼル機関車)はここまでしか行きませんと、川棚という辺鄙な駅で降ろされる。同乗のおばさん・おじさん達は怒っている。こんな辺鄙なとこで降ろされた上に、連絡バスも無し、しかも切符返金すると言いながらもしっかり川棚までの料金は徴収するという。普段ならば断固抗議だが、ノドが荒れていて声を出すのが面倒だったので、大人しく川棚の寒い待ち合いベンチに腰かけて数独をやる。叔父が諫早から迎えに来てくれた。ロックミュージシャンの一日。数独は完了。

長崎まで帰りたかった。こんな近くまで来てるのに。

[PR]
# by dn_nd | 2014-11-19 07:37 | Tour日記

Autumn tour'14 vol.11 live@佐世保ダズルパズル &諫早 裸蛇(ラジャ)
佐賀での終演後 、folk enough井上くん&いつもfe周辺にいる謎の男ミッキーが、明日長崎・諫早でミッキーフェスなるイベントをやるというので、なんでおれを誘わないのだと尋くと、いやーもうドンさんだったらいつでも大歓迎ですよ何だったらオープン一番の場所を空けますから是非やってくださいよー、というので、オーケーオーケーもちろんやるよ、12時に行けば良いんだね?と安請け合いしてしまった為に、辺鄙な諫早駅に11:30に着く特急で向かったのでありました。何もやるプランは無く、井上くんとギター二本でインスピレーションの赴くままに演奏。会場はオカマのマスター(ママ?)のやるバー、だがPAの子もボクのことを分かっていて上手いことミックスしてくれるし、観客も(ほとんどバンドマン)もしっかり聴いてくれているしで、サイケブルーズな意外に面白いライブだった。最後までいたい気分でもあったけれど、今日のボクの本番は佐世保なのだと、急いで(辺鄙な)諫早駅からディーゼル機関車に乗って佐世保へ。

チョチョッとやった、とはいえ、演奏するにはそれなりに集中力を(物理的に)使うので、佐世保に着いた頃にはややボロ雑巾のようになっていたのだが、今晩の相手は佐世保のキングオブロック、ハウリングセッタである。気が抜けないなぁ、セッタも新しい編成となってすごくカッコ良くなっているしなぁ、ということで、セッタのメンバーを次々に我がグループにハンティングし、人海戦術をとることに。最終的にドラム、ベース、ジャンベにトリプルギターとマイルス・デイヴィス的なファンクバンドでやることに。主催でバックをやってくれたbento bandの曲"orange"を挟んで(爽やかな曲なんだ、これが。ボクはキース・リチャーズ的ギターをスパイス的に)、さらにアンコールでは敵の大将・伊達さんをも仲間に加え、セッタの名曲「バッハからサン・ラまで」をカオスファンクロックに演奏した。この時点でボクは無敵、というか皆仲間なので敵がいない、という状態でライブ終了。全員でゴールに倒れこむ、何かテレビで見たことある何人何脚みたいな感じでありました。ハウリングセッタ、素晴らしい。来ていたアメリカ兵達も踊りまくっていて("oh,shit!!you guys fuckin' rock, man!!")、日本の(佐世保のか)ロックの突き抜けを実感したことでしょう。おれも“ジャパンクール”に貢献したかもしれないな。はは。

打ち上げにて、ジャックダニエルズが登場して狂乱に火を注ぐハメになって、グラグラになってしまった。まだ高校生だという女の子まで来ていて、曲を作っているのだという。どんどん作りたまえ。17才には17才にしか作れない音楽がある。とにかく、常に「これはウソではないか、誰かのフンドシで相撲を取っているのではないか?」と自問自答することを止めないように、とアドヴァイスする。

ハウリングセッタの伊達さんは50も超えていて、ボクの先輩でもある。バンドに加入してくれたギターのオオツボさんも先輩で(なんとヤマウチ・テツとバンドやってたとか!)、年はちょ下のfolk enough井上くんもそうだが、地元で音楽を「ただ」やり続けている先達である。音楽が好きだとは言っても、本当に長くやり続けるのは簡単なことではない。それは、自分に対する執着である。誰もがそんなに長く自分に執着し続けることは難しい。それは孤独な戦いだからだ。それをくぐり抜け、今も戦い続けている人間がここにいる。彼らの音楽を聴いてみると良い。誰でも人間の凄みを少しは感じれるだろう。おれもがんばらなきゃな。

[PR]
# by dn_nd | 2014-11-18 20:25 | Tour日記

Autumn tour'14 vol.10 live@佐賀Geil
鹿児島から佐賀へ早朝からバス移動。福岡・基山のパーキングエリアで乗り換えするのだけど、高速道路の上り線から下り線へ秘密のトンネルのようなものを通って移動しなければならない。抜けて坂を登ったところにバス停留所があって、そこは高速道路脇に打ち捨てられたような場所である。荷物を背負って一人そこにいる時、旅の寂寥感を感じる。しかし自由でもある。

猛烈な寝不足なままリハーサル。メンバーは何度かやった仲間達なので、今のボクが志向している(させられている)ヴァイブレーションを共有してもらうだけで良い。とはいえそれは言葉だけで伝えられるものではないので、結局目一杯身体を使って(つまりリハーサルを本番のライブのように演奏することで)伝えることになる。ある意味では毎日2ショウやるようなものであるが、少しの油断も手抜きも命取りになる。疲れてくるとこの集中が弱くなるかというと、必ずしもそうではない。気分の乗りが確信を持っている場合には、疲れたからは一種の瞑想フィールドに導きやすい状態にあると言える。集中が弱まるのはむしろ、不安感や焦り、怒り、諦めなどを(気分の乗りが)持っている時である。それらネガティブな種は小さくともいずれ発芽してしまうので、優れた農夫のように見つけては排除しという作業を怠らないようにしなければならない。

本番は(良くあることだが)メンバーに伝えてあった1曲目と違う曲でスタートし、ドラマーの暴走と共に「どうせもう目茶苦茶なんだから、徹底的にやってしまえ」とかなりワイルドなショウとなった。ボクもズボンズ以来久しぶりに大暴れした気分である。珍しくMo' Funkyをやらずに終了。みなさんお疲れ様でした。

彼らほとんどが大学生で、学校に通っている限り一種の「守られ」の状態にあるが、いずれそこから出ていかねばならない。そうなった時に音楽をやめてしまうという人間も沢山いる。しかし一度本気でやり始めたものをやめることは難しいことであろう。音楽を作り演奏するという行為ほどエモーショナルな自己表現は少ない。そこに一度首を突っ込んでしまうと、開放された自分を初めて感じることになる。それは大きな喜びであるがために、若者達は悩む。しかしいずれ自分自身で行く道を見つける。または、流れに身を任せていくウチに自然と自分の道が出来ている場合もある。思うに、良い人間であり続けようとすれば良いのではないかと思う。

folk enoughのライブが素晴らしく、彼らのやってきたことを考える。ただ好きだからやり続けてきたのだと彼らは言う。その結果の好サンプルの一つであろう。ボクは彼らのファンである。

[PR]
# by dn_nd | 2014-11-17 10:49 | Tour日記

Autumn tour'14 vol.9 live@鹿児島SRホール
地方に来て良いなと思うのは、東京みたいな都会に比べてミュージシャンの縦の繋がりが強くあるように感じることだ。意識していようがいまいが、地元という大きな基盤を自身の中に確保出来ることでよりリラックスした人間関係を築いていけるのだろう。都会は刺激も多く、トンガっているものを求める。そこでは避け難く競争が生じてしまうが、それを真に受け続けていると、どうしても疲弊してしまう。かと言って、そこから遠ざかると、どこかニヒリズムを帯びてしまい「おれはおれ、あんたはあんた」という孤立したものになってしまう。音楽をやり続けれる理由はそれぞれだとは思うけれど、長くやるにはそこに先人がいてくれるととても楽だろうと思う。そのような繋がりを直接持てることは、若い世代にとって、小さくない励ましになるのではないか。

昨晩一緒だったのはボクらと水中ブランコ、そして高校生からなるオリジナルバンドであった。ボクのバックは(主に)水中の先輩達がやり、水中は20代(ギリギリ)のバンド、そして17、8の高校生。このような繋がりが自然な雰囲気の中で出来ていることが、良きミュージシャンを生み出す土壌となるだろうし、なにより続けることへの不安や恐怖が軽減されるに違いない。とても良いことだ。

さて、その指針となるべきおっさん達のライブだが、演奏中のベースアンプのトラブルで後半多少ガタガタしてしまった。作戦は切り抜けたものの、鬼軍曹は傷を負ってしまったとでも言おうか。ライブ演奏に於いてトラブルは付き物なので、出来るだけ仲良くやるのが最良の切り抜け方である。しかしそう出来るようになるには、やはり相当な鍛錬が必要なのだ、軍曹よ。ともかく、ライブいうのは文字通り「生きている」ものなのだから、時に手に負えない時もあるもんだ。とりあえず、おれ達は勝負を最後まで投げなかった、これを良しとしよう。次の作戦では、もっと上手くやるのだ。試練無しに、人間の成長は無い。オーヴァー。

[PR]
# by dn_nd | 2014-11-15 23:50 | Tour日記

Autumn tour'14 vol.8 live@熊本ナヴァロ
「おれの曲を演奏しないでくれ。今ステージ上で起こっている音楽に反応して、それが一番良い状態になるように持って行こう。おれ達は音楽に物凄く沢山のものを貰ってきてて、それがあるから今の自分がここまで成長してきた。そのことを音楽に感謝を込めて、きちんと返そう。おれの音楽やるのではなく、音楽が求める音楽をやろう。さぁ、行くぜ。」
というのがステージに立つ前にメンバーに出した指示である。皆んなはその通りに演奏をした。最高のライブとなった。

音楽は、人間一人々々よりもずっと大きい。人間個人の頭の中のものでコントロール出来るものではないと思っている。これを演奏することを通しておれ達は成長する。他の何をやってもここまで実感することは出来ない。おれ達は音楽の子供なのだと思う。これを忘れてはならない。

[PR]
# by dn_nd | 2014-11-14 22:53 | Tour日記

Autumn tour'14 vol.7 day off@熊本
福岡より熊本へ移動。大学時代の友人宅に遊びに行く(どうも毎日あそんでばかりいるようである)。アイコーくんというのがその友人であるが、良く考えてみるとボクが生まれて初めてのバンドは、彼と組んだ「快楽の奴隷」というストーンズの曲から頂いたふざけた名前のビートルズのカヴァーバンドであった。ビートルズカヴァーとは言っても、アレンジはストーンズ風。ほとんど全然ギターも弾けないくせに、 ボクの役割はキース・リチャーズという、今考えると妙なバンドだった。(ジョンとかポールは不在だった) アイコーくんとはかれこれ30年近い付き合いになる。しかも二人とも学生マインドのままなので、行くと昔のように物が散らかっていて、適当にツマミ的に食事を出して飲むことになる。気楽なように見えるが、そこはやはり年を重ねたおっさんたちなので若干のブルース(本物の)を醸し出していたりもする。しかしアイコーといると分からないのだが、世間一般はこのような年の取り方はせず、結構まともな大人になってしまっていて、我々はポカーンという感じである。どこでどう道が変わってしまったのか、サッパリ分からない。不思議だ。
ということで、ストーンズのライブやジョージ・ハリスンのドキュメント映画観たりして、または人間の内面について、はたまた戦争や犯罪を犯す心理について、死について語ることになる。実にリアルなことのように思えるが、学生のままだと言われると確かにその通りである。いや、仲間がいて良かった。自分の周りを見ても人間の多様性を実感出来るのは素晴らしいですね。はは。
アイコーくんのお母さんが送ってくれていたポテトサラダも豚汁もイノシシの味噌漬け(!)もとても美味しかった。さあ今日もライブがんばろう。
(しかし、ちなみにアイコーくんはちゃんと働いている社会人である。社会人だけど、アーティスト寄り、つまり社会化してないだけなのだ。stay fool, stay cool、なのである。)

[PR]
# by dn_nd | 2014-11-13 21:03 | Tour日記

Autumn tour'14 vol.6 day off @ 福岡
福岡でのday offが続くので、珍しく遠出して太宰府へ。以前からストーンズつながりで仲良くさせてもらっている、元レコード・コレクターズ誌編集長・寺田さんが2年ほど前から実家のお店を継いでいるというので訪問する。(お店は太宰府名物・梅ケ枝餅の寺田屋というかなり立派なお店で驚き。http://www.umegaemochi.co.jp/ )

太宰府行きの電車内でいきなり寺さんと一緒になり、挨拶もそこそこにいきなりストーンズの話に突入である。
かなり(ストーンズ的な)専門用語飛び交う楽しいひと時だった。ある意味で、ボクも寺さんも元来のストーンズ・ファン的な意味合いではアウトサイダーなのだが、二人の共通部分はストーンズをあくまで音楽的なものとして捉えよう、考えようとしている姿勢が共通していると言える。寺さんには寺さんの音楽ライター/評論家としての見方があり、ボクにはボクのミュージシャンとしての切り口で見るという違いはあり、それをそれぞれの視点から論じあうのは新たな発見にもつながり、得難いコネクションだなとかんじ。なにしろボク(ら)はどのような職についていようと(ミュージシャンであれ、和菓子屋であれ、株のトレーダーであれ)、とことん音楽を愛する人間達という部分で同類なのである、結局。次来る時にはもっと深くと約束して別れる。ご馳走になった寺田屋の梅ケ枝餅は、とても美味しかったですよ。

音楽であれ他のアートであれ、創造するという行為は0を1にするということである。色々なことをクリエイティブといい風潮もあるが(例えば宣伝とか営業とか)、ボクはそう考えない。それは、1から2または3とか100とかにする行為かもしれないが、0/1のラインはそのようなことと全然違う力である。それこそが世界を翌日するものだと信じている。聖職者は世界に祈りを捧げ、クリエイターは、創造する。そのようなもののない世界はどのような味がするというのか。
[PR]
# by dn_nd | 2014-11-12 21:54 | Tour日記

Autumn tour'14 vol.5 day off@福岡
下はまだ10代の学生から50に近いマーカス店長村上氏まで男達が、とことん音楽愛について語る黒崎での夜。お開きになったときには朝4時を回っていた。このような時間を共有することの大事さが分かってきたのは、ここ五年ほどのことである。(ボクは20代後半から40過ぎるまで、ほとんどアルコールに興味を持たなかった)自分の年齢を考えると、分かるまでいささか遅きに失したようにも思うが、このように過ごすことでよりお互いの理解が深まることは確かである。アルコールは、一方では、かなり致命的に身体へ負荷をかけてくるので、その辺のバランスを考えていなければならない、とは思うのだけれども。

一旦福岡に戻るまでに時間があったので、小倉でお寺をやっている(というか住職の)友人夫婦を尋ねる。すっかり喋り方というか、音としての言葉の響かせ方がお坊さん的な重さを聞かせるようになっていて、感心してしまった(会社の広告代理店時代の彼からは、とても想像出来なかった)。生まれた時にはこのような環境にいて、父親が住職であるということが、本人にとってどのようなものであったかつい興味本位で尋ねてみたくもなったが、話自体やその物腰から、あぁ住職というのは、もう聖俗の「聖」にいるひとであって、つまり自分と同じ「世界」の人間とは言えないのかもなと感じさせられて、あまりそうズケズケと尋ねてはいけないように感じる。ボクらは余りに信仰というものに無関心で、触れなさすぎなのだと改めて感じる。住職となった(つまり聖の人となった)彼の一日を思う。そのような人間の「祈り」無しで世界が成り立たたないのではないかとすら思う。(でもいつか色々聞いてみたいが、うむ....好奇心。)

ここ数年、音楽活動を始めて以降全然会わなかった中学生から社会人時代の友人達と20〜30年振りに会う機会が多くなった。それぞれがそれぞれの生き方をしてきて今があり、我が身も省みるとそれぞれの違いが実に興味深いものである。中学生の頃、ボクらは誰が誰とも違わない、誰が何にでもなり得た、しかし自分は不可避な流れに乗ってこのようになってしまっただけで、自身の強い願望や目標を持っていた訳ではない。それを皆がやっているのだと考えると、人生の不思議に畏敬の念を感じてしまう。更に、自分の立場が出来上がってからの知り合いではなく、社会的にもまともな(まぁ、様々ではあるけれど)な立場を持つ人々と友人的にざっくばらんに話せることが、とても嬉しいことだなと思う。なんとなく支流の多かった自分の人生の流れが一つにまとりつつあるような、そんな風に考えもする。

[PR]
# by dn_nd | 2014-11-11 20:30 | Tour日記

Autumn tour'14 vol.4 @黒崎マーカス
問題はiPhoneを使うようになって、とんとパソコンを使う必要がなくなり、文章を書いたりしなくなってしまったことである。それは、どことなく自分の知力の低下を誘導するような感じが嫌なので、やはりブログくらいは書こうと思い立ったのだけれど、今度はパソコンを持ち歩くのが重くて嫌で、こうしてiPhoneを横にしてキーボードを打つように書いているのである。しかしこのヴァーチャルなキーボードは、目は疲れるし小さいしタッチは無いしで、とことんインスピレーションに欠ける。指先に何の反応もないことが、これほど文章をドライブさせない原因になるのかと、逆説的に人間の感覚能力に驚かされるほどだ。この平坦な画面を押してみても、リズムが作り出せないのか。同じ誕生日なので少しばかりシンパシーを感じていたが、結局スティーブ・ジョブスが本当に必要なものを作り残したのか、かなり懐疑的である。まぁ、便利ではあるけれど、それだけに。

ともあれ、昨晩の黒崎マーカスでのライブ。メンバーは前回と同様ギター・ショッケ、ベース・山根くん&ドラム・マーカス室くんと前回と同じ(うちヤマネ&室はかれこれ5年近く)なので、ボクのやり方を心得ていてきっと「どうせ音源と同じように演奏しないから練習しても無駄無駄」なんて考えているに違いなく(確かにそうだが)、その緊張感の欠如がライブをすごく高いとこに持っていかせない原因になるので、印度洋の時みたいに初顔合わせだから起こる奇跡のような瞬間を作り出す為にやり方を考えなければならない。それは、プレイヤー達に軽く強く揺さぶりをかけることである。安全地帯からまた戦場へと戻って来てもらわなければ。具体的に難しいことをやらせようとするのではなく、ただ予測可能と思っている状態から不測の事態へ放り込み、そこでプレイを無理矢理ひきだして次の流れへのステップにしていくことである。

さすがにスキルの高いミュージシャン達なので、不測の事態を切り抜け、またしても素晴らしいライブとなったと思う。何度やってもロック的に、つまり破綻あり、ハミ出しがあり、ワイルドで最後には感動が待っているライブをやれるといのも、ここマーカスならではという感じだ。皆さんどうもありがとう。

黒崎という街は、かなり加速して廃れていっていると感じるのだが(ミスドすらなくなってしまった!)、不思議とマーカスでやる時には地元の大学生が主体となった新しいバンドが途切れることはない(まぁ、残るかどうかはさておき)。室くんとも話していたのだが、もう黒崎が起死回生するにはバンドマン&ガールをどんどん引き寄せて音楽都市にするしかないのではないか。市長に提言してみてはどうだろか。うん。

[PR]
# by dn_nd | 2014-11-10 19:02 | Tour日記
hidden hit counter